大雄宝殿
言葉のつれづれ
「初時雨」
托鉢の衣を濡らし初時雨 西沢信生

初しぐれとは、秋から冬にかけて一時的に降ったり止んだりする雨や雪のことをしぐれといい、その年の冬の、初めてふる時雨のことを初時雨といいます。
いよいよ冬が来たと感じさせる風情ある言葉です。


◎興福寺の動画は下記でご覧になれます。
興福寺のyoutube br>
今月、来月の行事
更新履歴
  • 17/11/24 言葉のつれづれ
  • 17/11/24 花乃寺日誌
  • 17/11/24 今月の一品