今月の一品
ホーム » 普茶料理 » 今月の一品
瓢箪

唐衣(からごろも)

2018年4月23日
唐衣(からごろも)

今週のお菓子は「唐衣」

「唐衣 着つつなれにし 妻しあれば はるばる来ぬる 旅をしぞ思ふ」

六歌仙の一人在原業平(ありわらのなりひら)が、杜若の咲く三河の国八橋で都に残してきた妻をしのんで詠んだと云われるこの和歌にちなんで作られたお菓子です。
それぞれの句頭に「か・き・つ・ば・た」の五文字が折り込んであります。

瓢箪

昆布締め

2018年4月21日
昆布締め

昆布締めは、面倒なようですがいたって簡単。材料を酒でやわらかくした昆布で包みあげるだけです。

これはかいわれだいこんの昆布締めです。沸騰した湯に、さっとくぐらせる程度でゆでます。
昆布で締めて一晩です。
振り下ろした長芋と一緒にいただきます。

瓢箪

およごし~白和え

2018年4月19日
およごし~白和え

今日の和え物はおよごし~白和えです。
緑の色が綺麗な天豆と三つ葉、そしてとゆ湯葉の白和えです。
長崎では、白和えにはたっぷりとお砂糖を加えて甘くしておだしします。

瓢箪

藤の花

2018年4月17日
藤の花

藤の花をもう一枚

瓢箪

2018年4月14日
藤

今週のお菓子は「藤」
青紅葉のお茶碗は、まだ早いですが季節の早取りで。

お菓子:寿福製 藤

お茶碗:桂窯 檜垣青子

瓢箪

春霞

2018年4月11日
春霞

今日のお菓子は春霞。御製は寿福、お茶は小山園の四方の薫です。
お茶碗は百人一首の絵柄で、大変賑やかです。

瓢箪

春の山

2018年4月1日
春の山

寿福製の「春の山」
遠山にかすむ桜の花が目に浮かんできそうです

2018年4月の記事
過去の記事