花乃寺日誌
ホーム » 花乃寺日誌
瓢箪

盆花

2017年8月13日
盆花

長崎のお盆に仏壇やお墓に供えるのは「盆花」です。

正式名は千日紅(せんにちこう)。
このように丸く、枝もしとやかです。
お盆に帰ってくるご先祖の人魂に似ているからなどとも言われています。

お盆の時にだけ店頭に顔をだす、長崎ならではの習慣です。
15日の精霊流しでは、仏壇に供えたお菓子や野菜などの供物と一緒に
この盆花も菰(こも)に包んで流します。 一説には、火の玉のようで、お盆に帰ってくるご先祖を意味するとか。

瓢箪

酔芙蓉のへんげ

2017年8月10日
酔芙蓉のへんげ

前回ご紹介した酔芙蓉。
早朝の咲き始めは真っ白。昼頃には薄い桃色となり、そして夕方にはこうして紅くなって終わります。
まさに、しらふの状態から、すっかりと酔ってしまってダウンの状態です。


酔芙蓉夕映色に花を閉づ    林敬子

瓢箪

高砂芙蓉(たかさごふよう)

2017年8月5日
高砂芙蓉(たかさごふよう)

花:高砂芙蓉、山牛蒡


花入れ:中国杭州製急須

瓢箪

酔芙蓉(すいふよう)

2017年8月1日
酔芙蓉(すいふよう)

ホームページ扉の白い酔芙蓉は、朝の様子、つまりまだ酔っていない状態で、昼になるとこのように薄桃色となります。ぼちぼち酔いが回ってきたのでしょう。



酔芙蓉
  風に千鳥足となりぬ  稲畑廣太郎

2017年8月の記事
過去の記事