瓢箪言葉のつれづれ

「立秋」

お盆の精霊流しが終わりました。
長崎では、夜に墓参をいたします。長崎ならではの習慣で、寺の裏山に並ぶ墓に、それぞれの家紋を記した提灯が灯ると、それはそれは美しい景色です。灯したお提灯の数が多いところは初盆を迎えたご一家です。

さて、お盆も済むと急に秋の気配がしてきます。
本年の立秋は8月8日でしたから、暦のうえではすでに秋。今日は暑さも気のせいか少しやわらいだような、また雲のようすもなんとなく秋の気配です。

本堂では育てている鈴虫の音色が涼やかに響いています。
胡瓜や茄子、リンゴ等に、朝からのたっぷりの霧吹きでのシャワーが なによりのごちそうのようです。
拝観に訪れた外国の方々は不思議そうにケースをのぞかれています。 もちろん、外国では虫を育てるなどないことでしょうから。



◎興福寺の動画は下記でご覧になれます。
https://www.youtube.com/channel/UCVLP7ZjT2kXlQts0DGjNZKQ

瓢箪お知らせ

第46回原爆殉難者慰霊祭 詳細>>

とき:8月8日午後7時~8時
ところ:松山町 原爆落下中心地公園
主催:長崎県宗教者懇話会

仏教、神道、キリスト教、PL教団、立正佼成会等が参集して原爆殉難者慰霊法要を行います。
宗教の枠をこえて世界平和を祈願します。

参列者全員に献花の用意があります。

是非お参り下さい
折りたたむ