言葉のつれづれ
ホーム » 言葉のつれづれ
瓢箪

アメリカ花水木

2021年4月9日

興福寺の境内ではアメリカ花水木が満開です。
鐘鼓楼前には白色が、東明燕の奥には薄い紅色が咲ています。
この時期、興福寺の普茶料理で活躍するお皿に、このアメリカ花水木の絵柄があります。
普茶では、白和えや酢の物、お野菜の葛ときの雲方(ウンペン)という料理をもりつけておだしします。

アメリカ花水木は、1912年に当時の東京市長が、日本との友好の印としてアメリカのワシントンDCへ桜の苗木6040本を贈ったことへの返礼として1915年にアメリカから贈られたのです。
「花水木」と大変綺麗な名前ですが、、「水木」の花に似ていて、花が大変めだつこともあってそうよばれています。花は白や薄い紅色があり、別名「アメリカ山法師」ともいうのも、その白い花が山法師の花に似ているためです。
こうした由来から興福寺ではわざわざアメリカをつけて「アメリカ花水木」とよんでいます。

ワシントンでは今でも毎年桜祭が行われていて、興福寺と親しい日系三世のサンディ・トシユキ嬢は、まだ若かりし頃「桜プリンセス」に選出されてお祭に参加されたと話しておいででした。

さて、上記の花水木模様のお皿の裏には
「made in occupied Japan(占領下の日本製)」の文字があります。



◎興福寺の動画は下記でご覧になれます。
https://www.youtube.com/channel/UCVLP7ZjT2kXlQts0DGjNZKQ
◎インスタグラム
https://www.instagram.com/kofukuji_nagasaki/  

瓢箪

釈尊降誕会~花まつり

2021年4月7日

4月8日は花まつり、お釈迦様がお生まれになった良き日です。
日本全国の仏教寺院ではお釈迦様の誕生日を御祝いする法要が行われます。
興福寺でも、本来なら大雄宝殿に花御堂(はなみどう)を設置し、お釈迦様の誕生仏をお祀りして甘茶をかけて(灌仏=かんぶつ)お祝いをいたすところですが、今年は灌仏だけは中止いたします。
花御堂はお飾りいたしますので、どうぞご自由にお参りください。
庫裡ではお抹茶と花干菓子を用意しておりますので、どうぞ一服なさってくださいませ。





◎興福寺の動画は下記でご覧になれます。
https://www.youtube.com/channel/UCVLP7ZjT2kXlQts0DGjNZKQ
◎インスタグラム
https://www.instagram.com/kofukuji_nagasaki/  

瓢箪

隠元禅師お命日

2021年4月1日

4月3日は黄檗宗宗祖隠元禅師の開山忌いわゆる祥月命日です。
黄檗宗大本山萬福寺では、午前10時半より法要が営まれます。

承応3年(1654)、63歳という高齢をおして渡来され、日本文化に多大な影響を与えられました。
禅師が伝えたインゲン豆やスイカ、茄子、もやし、蓮根、孟宗竹等の食材や胡麻豆腐、胡麻和え、ケンチン汁などの調理法そして煎茶、釜炒り茶、印鑑、象眼、ダイニングテーブル、明朝体文字などのほとんどが、現在日常茶飯事目にし、口にし、そして手にするものばかりです。
この日興福寺では禅師の威徳をしのんでご法要を行います。

また、奇しくもこの日は聖徳太子の十七条憲法が制定された日でもあります。
和プロジェクトYAISHI主催の平和揮毫が午前11時より本堂で行われます。



◎興福寺の動画は下記でご覧になれます。
https://www.youtube.com/channel/UCVLP7ZjT2kXlQts0DGjNZKQ
◎インスタグラム
https://www.instagram.com/kofukuji_nagasaki/  

2021年4月の記事
過去の記事