今月の一品
ホーム » 普茶料理 » 今月の一品
瓢箪

送りだご

2017年8月16日
送りだご

お盆の15日には送りだごを供えます。
迎えだごと同じように白玉を作り、小豆餡とまぜてできあがりです。

瓢箪

迎えだご

2017年8月13日
迎えだご

お盆の長崎ならではの風習が「迎えだご」と「送りだご」です。
迎えだごは、その名の通りにお盆にご先祖をお迎えするときに供える、白玉粉でつくる団子です。
丸くこねた団子の上から、人指し指と中指二本でぐっと押すと二本の指のかたちが「人」という文字になります。
これをゆでて器に盛ると、沢山のご先祖を意味します。
迎えだごはお砂糖をまぶし、送りだごは小豆餡になります。

瓢箪

トマト

2017年8月10日
トマト

今年も、夏定番の一品。
トマトを冷たく、つめたく冷やしていただきます。

1)砂糖もしくははちみつ、水と日本酒(白ワインでも)をいれて沸騰させ、さまします。
2)湯むきしたトマトを1)にいれて、冷たく冷やせばOKです。
いただくときに、ホワイトペッパーをほんの少しふって。

前菜として、また甘みを強くしてデザートとしても美味しくいただけます。

瓢箪

冷伴(ろんぱん)~オクラ

2017年8月5日
冷伴(ろんぱん)~オクラ

夏人気のおくら。
生でもよし、茹でてドレッシングでもよし、南瓜や茄子とともに炊き合わせにもよしです。
・オクラを茹でるか、プライパンでから煎り。

・おろし生姜、濃い口醤油、砂糖、胡麻油もしくは
 オリーブオイルをよく混ぜ合わせてオクラをつける

・冷蔵庫でよく冷やして

・頂くときにすり胡麻、ブラックペッパーをかけて

瓢箪

水菓子~「簾」

2017年8月1日
水菓子~「簾」

今週のお菓子は「簾」
興福寺の庫裡座敷は、夏になると御簾戸や簾をかけます。
簾自体は、そのままで涼しくはありませんが、わずかな風で簾がゆれる様をみて、風を感じるのです。

2017年8月の記事
過去の記事