言葉のつれづれ
ホーム » 言葉のつれづれ
瓢箪

受験生の強い味方~関帝聖君(かんていせいくん)

2019年1月11日

興福寺境内の媽祖堂(まそどう)に奉られる関帝様は受験生の強い味方です。
関帝は中国後漢末期、劉備に仕えた武将で「三国志」にも登場します。
頬や顎に長い髭をたくわえているのが特徴です。戦では数々の功績を挙げ、後世になってからは神格化され信仰の対象となりました。

ご利益としては、高名な武将であったことから戦いの神として祀られました。近世になると義理や信義に厚い人物だったことから商売繁盛、また文章上達や試験合格を祈る対象となっています。

<参拝の仕方>
関帝の御前で
氏名、住所、生年月日並びに試験を受ける学校名をあげて合掌・礼拝。
関帝様にお線香のお供えを希望の方は受付にお申し出下さい。


~梅見月催事案内~
◎2月3日(土)・節分会(せつぶんえ)
開運・除厄法要:午後7時
ご希望の方は6時半までに受付を
豆まき式 午後7時半、8時、8時半、9時
*まき豆には当たりくじ入り
*熱々中華風フルーツ葛湯(先着600名)
*鬼火焚き・・無病息災を願いましょう


◎2月7日(木)*ほっかほか東明包子の会
興福寺名物豚まん(トンミンパウズ)手作り教室 午前10時、要予約 会費3千円


◎2月13日(水)*興福寺の普茶料理を味わう会
午後6時 会費7千円(お飲物付)要予約 20名様限定
隠元禅師が伝えた中国式精進料理を味わう会です。

詳細は当ホームページの「お知らせ」を。



◎興福寺の動画は下記でご覧になれます。 興福寺のyoutube

瓢箪

鏡開き

2019年1月10日

9時半 お話と法要
10時~13時 善哉(無料200名)
本堂や媽祖堂などにお供えしたお餅を砕いて炭火で焼き、黒砂糖とハワイの岩塩で味付けした「善哉」に加え、みなさまにお福分けします。
是非、お誘い合わせのうえご来山ください。

*2月3日の節分会に、豆まきをしていただく「年男・年女、厄年回りの方」募集中。(申込み寺務所へ 1/15〆切)



◎興福寺の動画は下記でご覧になれます。
https://www.youtube.com/channel/UCVLP7ZjT2kXlQts0DGjNZKQ

瓢箪

興福寺新春の催事案内

2019年1月1日

新年おめでとうございます。
本年も皆様にとりましていい年でありますように。

<元旦~8日「新春花あそび」>
お呈茶(お抹茶と主菓子)1000円 
境内を正月花で「寿ぎ」を生けて楽しみます。縁起物の松や竹、赤い実ものの千両や万両、水仙などを飾ります。また柳の小枝に沢山の紅白の餅を飾る「餅花」は豊作を願っての習慣。しだれる餅花はたわわに実る稲穂の意味です。

<7日 「七草」>
9時半 お話と法要
10時~13時 七草粥(無料200名)
初春の七菜をいただいて若返ると趣した粥も、雪国など地方によって様々です。
興福寺では毎年、唐寺の趣向を凝らした創作粥をお出しして、みなさまの無病息災を祈ります。

<11日 「鏡開き」>
9時半 お話と法要
10時~13時 善哉(無料200名)
本堂や媽祖堂などにお供えしたお餅を砕いて炭火で焼き、黒砂糖とハワイの岩塩で味付けした「善哉」に加え、みなさまにお福分けします。
是非、お誘い合わせのうえご来山ください。

*2月3日の節分会に、豆まきをしていただく「年男・年女、厄年回りの方」募集中。(申込み寺務所へ 1/15〆切)



◎興福寺の動画は下記でご覧になれます。
https://www.youtube.com/channel/UCVLP7ZjT2kXlQts0DGjNZKQ

過去の記事