言葉のつれづれ
ホーム » 言葉のつれづれ
瓢箪

興福寺開創四百周年 春節特別催事案内

2020年1月13日

○長崎ランタンフェスティバル 1/25~2/9
~ 興福寺での特別催事~

〇1月26日(土)   18時
〇1月31日(金)  18時
〇2月1日(土)   18時
〇2月2日(日)  18時 
中国変面ショー±長嘴壷茶芸(ちょうすいつぼちゃげい)
中国国家一級俳優姜鵬(きょうほう)出演
本物の変面と
見事な長嘴壷茶芸(ちょうすいつぼちゃげい)の実演


〇1月28日(火)東明包子(トンミンパウズ)の会
興福寺の山号から名付けられた興福寺名物豚まんの手作り教室。
興福寺の古い檀家稲垣慶子おばさんのレシピで作ります。
慶子おばさんの曾祖父直伝のレシピ。熱々の上海の味を召し上がれ!
会費:3千円 限定20名 要予約(申込締め切り1/15)

〇2月3日節分会(せつぶんえ)
*2月3日の節分会(せつぶんえ)の豆まき式で、 豆をまいて頂く年男・ 年女・厄年回りの方募集中
詳細・申し込みは寺務所まで(申し込み締め切り1/15) 


*長嘴壷茶芸(ちょうすいつぼちゃげい)
中国国内で変面のライセンスを持つ者はわずか200人。姜鵬(きょうほう)はその一人.
中国の道家易理、仏家禅学,お茶と武術を融合し、生まれたこのお茶のパフォーマンスには、茶壷の形を表す「長嘴壷茶芸」という名前がついています。
全長1.2メートルの長さを持つお茶壷­の注ぎ口は、俳優は動かずに遠くの客さんにお茶を注ぐ発想­でデザインされたものでした。
お湯入り銅製のお茶壷は3キロの重さがあり、俳優の華­麗な武術の技で宙に回転させながらも、お湯は一滴も漏らさないのは見所です。
すべて­のポーズには剣客のように、颯爽とした武術の名前がついています。本来お茶の「文の世界」に「武」と­いうアクセントをつけ、まさに文武両道という格好良さを感じさせられます。<姜鵬氏のHPより>


◎興福寺の動画は下記でご覧になれます。 https://www.youtube.com/channel/UCVLP7ZjT2kXlQts0DGjNZKQ  

瓢箪

興福寺開創四百周年記念特別催事ご案内

2020年1月8日

●11日 「鏡開き」
9時半 お話と法要
10時~13時 善哉(無料200名)
本堂や媽祖堂などにお供えしたお餅を砕いて炭火で焼き、住職こだわりの味付けの黒砂糖とハワイの岩塩を「善哉」に加えて、みなさまにお福分けします。
是非、お誘い合わせのうえご来山ください。


○長崎ランタンフェスティバル 1/25~2/9
興福寺での特別催事

〇1月26日(土)〇31日(金) 各日18時
〇2月1日(土)〇2日(日) 各日18時 
中国変面ショー±長嘴壷茶芸(ちょうすいつぼちゃげい)
中国国家一級俳優姜鵬(きょうほう)出演
本物の変面と
見事な長嘴壷茶芸(ちょうすいつぼちゃげい)の実演


〇1月28日(火)東明包子(トンミンパウズ)の会
興福寺の山号から名付けられた興福寺名物豚まんの手作り教室。
興福寺の古い檀家稲垣慶子おばさんのレシピで作ります。熱々の上海の味を召し上がれ!
会費:3千円 限定20名 要予約(申込締め切り1/20)

〇2月3日節分会(せつぶんえ)
*2月3日の節分会(せつぶんえ)の豆まき式で、 豆をまいて頂く年男・ 年女・厄年回りの方募集中
詳細・申し込みは寺務所まで(申し込み締め切り1/15) 


*長嘴壷茶芸(ちょうすいつぼちゃげい)
中国国内で変面のライセンスを持つ者はわずか200人。姜鵬(きょうほう)はその一人.
中国の道家易理、仏家禅学,お茶と武術を融合し、生まれたこのお茶のパフォーマンスには、茶壷の形を表す「長嘴壷茶芸」という名前がついています。全長1.2メートルの長さを持つお茶壷­の注ぎ口は、俳優は動かずに遠くの客さんにお茶を注ぐ発想­でデザインされたものでした。お湯入り銅製のお茶壷は3キロの重さがあり、俳優の華­麗な武術の技で宙に回転させながらも、お湯は一滴も漏らさないのは、見所です。すべて­のポーズには剣客のように、颯爽とした武術の名前がついています。本来お茶の「文の世界」に「武」と­いうアクセントをつけ、まさに文武両道という格好良さを感じさせられます。<姜鵬氏のHPより>

瓢箪

新年おめでとうございます。

2020年1月1日

<興福寺開創400周年記念新春特別催事案内>

2020年は興福寺開創400周年を迎えます。そのおめでたい記念としてご来山の皆様に興福寺オリジナル記念の散華(さんげ)を授与します。どうぞこの特別なお祝いの年にご参拝いただき、ご本尊のお釈迦様、宗祖隠元禅師との深いご縁を結んでくださいませ。



庫裏玄関には古い大黒天の瓦をしつらえました。
大黒様は大きな袋を担いで、米俵に乗っています。その足下には必ずねずみがいます。大黒様とねずみは深い縁にあるのです。その話はまた後日。

興福寺鐘鼓楼(しょうころう)の四隅には鬼瓦と大黒天がかかっています。外側を向いている方は鬼瓦、内側には大黒天です。つまり「鬼は外、福は内」になっているのです。是非ご覧ください。


●元旦~8日「新春花あそび」
お呈茶(お抹茶と寿ぎの主菓子)1000円 
縁起物の松や竹、赤い実ものの千両や万両、水仙などを飾り記念の年を祝います。また柳の小枝に沢山の紅白の餅を飾る「餅花」は豊作を願っての習慣。しだれる餅花はたわわに実る稲穂の意味です。

七日 「七草」
9時半 お話と法要
10時~13時 七草粥(無料200名)
開創400周年記念祝賀の創作粥をお出しして、みなさまの無病息災を祈ります。

●11日 「鏡開き」

9時半 お話と法要
10時~13時 善哉(無料200名)
本堂や媽祖堂などにお供えしたお餅を砕いて炭火で焼き、黒砂糖とハワイの岩塩を「善哉」に加えて、みなさまにお福分けします。
是非、お誘い合わせのうえご来山ください。



○長崎ランタンフェスティバル 1/25~2/9
●1月26日(土)、31日(金)、
2月1日(土)、2日(日) 各日18時 中国変面ショー±茶芸
中国国家一級俳優姜鵬(きょうほう)出演
本物の変面と見事な茶芸披露
中国の国家一級の変面俳優200名の中の一人姜鵬
変面も素晴らしいですが、変面で体力を使ったあとの動から静の茶芸
は見事です。日本ではただ一人しかいません。お楽しみに


●1月28日(火)東明包子(トンミンパウズ)の会
興福寺の山号から名付けられた興福寺名物豚まんの手作り教室。
興福寺の古い檀家稲垣慶子おばさんのレシピで作ります。熱々の上海の味を召し上がれ!
会費:3千円
限定20名 要予約(申込締め切り1/20)



●2月3日節分会(せつぶんえ)
*2月3日の節分会(せつぶんえ)の豆まき式で、 豆をまいて頂く年男・ 年女・厄年回りの方募集中
詳細・申し込みは寺務所まで(申し込み締め切り1/15) 


◎興福寺の動画は下記でご覧になれます。 https://www.youtube.com/channel/UCVLP7ZjT2kXlQts0DGjNZKQ  

過去の記事