瓢箪言葉のつれづれ

「受験生の強い味方~関帝様」

興福寺境内の媽祖堂に奉られる関帝は受験生の強い味方です。
関帝は中国後漢末期、劉備に仕えた武将。
頬や顎に長い髭をたくわえているのが特徴です。戦では数々の功績を挙げ、後世になってからは神格化され信仰の対象となりました。
ご利益としては、高名な武将であったことから戦いの神として祀られました。近世になると義理や信義に厚い人物だったことから商売繁盛、また文章上達や試験合格を祈る対象となっています。
参拝の仕方:関帝の御前で
氏名、住所、生年月日並びに試験を受ける学校名をあげて合掌・礼拝。

*2月3日の節分会(せつぶんえ)での豆まき式で豆をまいて頂く年男・ 年女・厄年まわりの方を募集中
電話、FAXで寺務所まで 

瓢箪お知らせ

きせきの風ツアー 詳細>>

ココロミ プロジェクトが贈る、氣付きと解放のスペシャルライヴ。

国重要文化財である本堂に「写真・詩の展示」と、メインステージでの「ライヴ」の2大構成。作品世界をゆっくり とお楽しみいただけます。
出演者
*齊藤文護(写真家) 大地と心を馳せさせ、そして写しだす
*古屋利幸(詩作家) エネルギーを言語化する代弁詩のつくり手
*古賀久士(音楽家) 美しすぎる3.5オクターブの歌声

展示 :午後4時~

ライブ:午後7時~8時半

チケット:2000円



折りたたむ