瓢箪言葉のつれづれ

「七夕と 乞巧奠(きっこうてん)」

 七夕とは七月七日の星祭。
中国から伝わった織姫・牽牛の星伝説に由来し、日本の豊作を願う祈りに取り入れて奈良時代に年中行事に定められました。
 江戸時代には、庶民に広がり家族の無事(七夕)、豊年や習事の上達を願うまつり(乞巧奠)として各地で特色のある飾りが伝わっています。

 宮参りの着物は松本市で初子誕生のお祝いに飾られるもの。「貸し小袖」ともいわれ、七夕さまに着物を「お貸し」すると裁縫上達、小袖がふえる、良縁に恵まれるとされています。

 梶の葉は、短冊の原型といわれ、天皇が詠んだ御歌を梶の葉に書いて笹に飾ったのが始まりと伝えられています。梶の木は、古代から、神に捧げる神木として尊ばれ、和紙の原料になるほか、神前に供える食物の器にもされました。

瓢箪お知らせ