瓢箪言葉のつれづれ

「アメリカ花水木」

興福寺の境内ではアメリカ花水木が満開です。
鐘鼓楼前には白色が、東明燕の奥には薄い紅色が咲ています。
この時期、興福寺の普茶料理で活躍するお皿に、このアメリカ花水木の絵柄があります。
普茶では、白和えや酢の物、お野菜の葛ときの雲方(ウンペン)という料理をもりつけておだしします。

アメリカ花水木は、1912年に当時の東京市長が、日本との友好の印としてアメリカのワシントンDCへ桜の苗木6040本を贈ったことへの返礼として1915年にアメリカから贈られたのです。
「花水木」と大変綺麗な名前ですが、、「水木」の花に似ていて、花が大変めだつこともあってそうよばれています。花は白や薄い紅色があり、別名「アメリカ山法師」ともいうのも、その白い花が山法師の花に似ているためです。
こうした由来から興福寺ではわざわざアメリカをつけて「アメリカ花水木」とよんでいます。

ワシントンでは今でも毎年桜祭が行われていて、興福寺と親しい日系三世のサンディ・トシユキ嬢は、まだ若かりし頃「桜プリンセス」に選出されてお祭に参加されたと話しておいででした。

さて、上記の花水木模様のお皿の裏には
「made in occupied Japan(占領下の日本製)」の文字があります。



◎興福寺の動画は下記でご覧になれます。
https://www.youtube.com/channel/UCVLP7ZjT2kXlQts0DGjNZKQ
◎インスタグラム
https://www.instagram.com/kofukuji_nagasaki/  

瓢箪お知らせ

向井万里子写真展 詳細>>

向井万里子写真展
「東明山興福寺 紫陽花季」
会期:5月25日~5月30日
時間:10時~18時
会場:長崎県美術館 県民ギャラリーA室
ギャラリートーク:5月29日 13時30分~

興福寺恒例の「紫陽花季」に、ほぼ毎日通い詰めて紫陽花の花たちを
撮り続けてこられた向井万里子女史の写真展です。
興福寺の可憐な山紫陽花の魅力をどうぞご覧になってください。

また、同時期に興福寺では恒例の「紫陽花季~雨にけむる花たち」を
開催予定です
日程は未定、紫陽花の咲き具合で決定します。
お楽しみに
折りたたむ

興福寺住職の本 詳細>>

興福寺住職が作法本を上梓

8月30日、興福寺住職松尾法道著「龍が住む赤寺の教え「運気の代謝」があがる!日常作法のコツ」が文藝春秋より出版されました。(\1,350+税)。
 

「この本には生活習慣や心の整え方、人や仏さまとのおつきあいまで、
日常作法について53のコツがのっています。パラパラとめくってみて、心にとまったことばがあったらそれは、あなたの運気をあげるヒントです。」カバー推薦文  
  
◎本誌には龍が運を呼ぶ興福寺の願掛け、御朱印つきで全国書店、
 電子書籍、Amazonでも発売中。

◎「文春オンライン」(http://bunshun.jp/)にも関連記事掲載。
 
◎女性誌「CREA」のWEBサイト(http://crea.bunshun.jp/)で、
本の紹介記事を掲載(8/30公開予定)

どうぞ皆様、一家に一冊、お子様、お孫様にもそれぞれ一冊お備えくださいませ。

◎ちなみに、表紙の女性は島原の猪原金物店のお嬢様です。
偶然ですが、この金物店も龍伝説のあるお店です。

◎◎お陰様で、9月27日重版決定いたしました。
全国書店、アマゾンで発売中です。
折りたたむ